スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

プロローグ

「やった!あったー!」という心の中で絶叫すると同時に、私は目頭が熱くなりました。
そして、すぐに妻にメールをしました。
良かったと思うと同時に、ほっとしたという気持ちです。
人生で何度か嬉しさの最高潮に達する瞬間があると思うのですが、まさにその瞬間でした。

これは、私が難関といわれている資格試験である弁理士試験に合格したときのひとこまです。
資格試験に合格した瞬間に、私は今まで何度かこの感動を味わってきました。

私は一般企業に勤務するごくごく普通のサラリーマンです。
これまでいくつかの資格試験にチャレンジしてきました。
自分のキャリアのステップアップという明確な目的があったというわけでもなく、ただなんとなく資格をとっているといいことあるかなあという軽い気持ちで資格試験に臨んでいました。


サラリーマンという身であり時間に制約のあるなかで、資格試験の勉強を進めていくうちに、試験に合格するにはある一定の法則があることがわかりました。
特に、サラリーマンが資格試験に合格するには、3年も4年もかかっては時間の浪費となってしまうだけです。
資格試験は短期で合格しなければ、モチベーションも低下し、結局はあきらめてしまって、これまでに費やした時間やお金が無駄になってしまいます。
また、一番大事なことですが、どんなに若い人であっても人生の時間は限られています。「長い人生だから・・・」という言葉に惑わされないようにしてください。
人生は短いのです。この文を読んでいるこの瞬間も刻一刻と人生の終わりが近づいているのです。
なので、資格試験に余分な時間を費やしている暇はないのです。一刻も早く資格試験に合格して、習得した知識を活用しなければならないのです。
また、資格試験の勉強は最初は新しい知識を吸収するから楽しいけれども、なかなか合格しなくて同じ勉強を何度も何度もやるというのは苦痛でしかなくなりますからね。

とはいえ、私も実際は試行錯誤の連続が続きました。
なぜ、私だけがうまくいかないのかと悩みました。
そして、同じように時間の制約が多い、サラリーマンという立場でありながら難関資格にいとも簡単に(簡単そうに)資格試験に短期合格をしている人の合格体験記を読みふけりました。
何人もの方の合格体験記を読んでいくうちにいくつかの共通点を見つけることができました。

いまも仕事帰りや休日に喫茶店やファーストフードに行くと、資格試験の勉強をしている人を良く見かけます。
少し前の私を見ているようで、刺激をうけます。
ただ、みんな遠回りをしていないのかなあ、無駄な努力をしていないのかなあと少し心配したりもします。

そこで、私がこれまで経験した資格試験での奮闘振りを通じて、身を切って見つけた資格試験短期合格方法をこれから伝授いたします。
私が見つけた近道を、一人でも多くの人に教えて、遠回りをする人をなくしたいというのが私の願いです。

また、資格試験は感動がつきものです。
日々自分自身との戦いの中で、自分に負けてしまう日も多々ありました。
その中で、どう弱い自分と向き合って、自分自身を成長させていくかという、自分の成長物語でもあります。

試験で自分を成長させていくなんて大人になってからでは、そう味わえないことだと思います。
私はワールドカップのピッチに立つような気持ちで試験に臨んだことが昨日のように思い起こされます。

さあ、みなさんもぜひ資格試験に短期合格してこの感動を味わってください。






スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
スポンサードリンク

無料資料請求はこちらです
私も通ってました

試聴できます
【弁理士】2012年合格目標:
1年合格ベーシックコース(通信)

---
通学も試聴できます
【弁理士】2012年合格目標:
1年合格ベーシックコース(通学)

---
行政書士のときもお世話に
【行政書士】2011年合格目標
パーフェクトコース





ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。